---------------------------------------------------------- ※本ブログの内容は、左カラムにある「本ブログのコンテンツ」にて
 分かれていますので、選択してご覧下さい。

※ご質問等ありましたら、下記のいずれかにお願いします。
  ・右カラムの「メッセージを送る」
  ・ブログ記事下の「Commment欄」
 お答えできる内容については、基本的に、ブログのエントリにて
 お答えいたします(即時返答は保証できないのでご了承下さい)。
----------------------------------------------------------

2011年07月25日

2011年7月BATIC第21回試験 受験雑感(試験受験時のこと)

さきほどの試験内容以外のエントリに続き、今度は試験内容の感想です。

総論としては、Sub1は「8割は超えている、、よね?」、Sub2は「コントローラーレベルには手が届かなそう。。」という感触でした。

いやあ、難しかった!

先週大原模試を受験した時ほどではなかったものの、解答に迷う=答えが見えていないだけに正答率が(恐らく)落ちる、といった問題が多かったです。。

ちなみに、解答時間は以下のとおりでした。

 Sub1:90分(解答:70分、見直し20分)
 Sub2:150分(解答:145分、見直し5分)


それでは、試験を受けていた時のことについてざっと振り返りを。

まず、Sub1について。

試験開始と同時に、問題用紙全体を見てみると、記述で仕訳帳・元帳がなかったので、一安心してから、第1問から順番どおりに解いていきました。

ただ、昨日の夜更かしがたたったせいか頭が働かず、1回転目は文章がなかなか咀嚼できずに苦戦しました。

選択問題で30分、記述問題で40分、ということで1回転に70分かかりましたから、やはりいつもより時間がかかっていました。

1時間を過ぎると、途中退席する受験生がかなりいて、わたくしも1回転した時点で、途中退席してSub2対策に時間を充てるかどうか迷いましたが、あまりに頭が働いていなかったので、きっちりと時間終了まで見直しをすることで、少しでも集中力が高めていこうと、終了時間まで教室内にとどまりました。

まあ、さすがに8割を切ることはないだろうと思っていますが、大原模試のSub1もぎりぎり8割でしたから、少し不安を残しながらSub1を終えました。


お昼はいつもの試験当日スケジュールどおり、おにぎりを5分程度で食べ終え、喫煙場所を探して一服した後に、1時間ほどSub2の学習。

Sub1の見直しとこのお昼の学習のおかげで、だいぶ集中力も高めることができたのは良かったです。


で、Sub1同様、試験説明やマークシートへの基本情報記入を経て、集合時間の15分後から、Sub2の試験が開始。

こちらも、最初に問題用紙全体を見てみると、記述問題が簡単そうでしたので、後ろのほうから解くことを決定。

と、その前に、試験前に詰め込んだIFRS関連の問題だけ、AMレベルとCOレベルの選択問題をそれぞれ数問先に解答。

そして、記述問題に取り組みまして、こちらも当初の目論見どおり、年金やリースから比べれば易しいような感じで、時間的にはいつもの過去問解答時と同様に比較的スムーズに終了。

IFRS問題が7分、記述4題が35分、ということで、ここまで42分というペースは悪くはなかったです。

しかし、問題は、前半の選択問題でした。

なかなか瞬殺できる問題が無く、「瞬殺で仕留めた」と思えた問題も、実は「瞬殺で仕留められていた」かもしれないです。

解いていて、考える必要があって迷う問題が多く、さらに過去問では対応できないような知識問題も多かったような印象でしたので、途中でスタックして時間を浪費してしまうのだけは避けようと考え、できるだけ過去問演習時のようなテンポを目指して、先に進むことを考えました。

それでも相当苦戦しまして、結局、選択問題では、AMレベルの第1問〜第30問までで46分、COレベルの第31問〜第60問までで57分かかり、ここまでで145分かかり、見直し時間は5分ほどしかとれませんでした。

その5分で、マークシートへの記入ミスチェックは行ったものの、最後に焦って解答を見直した問題は正答→誤答となってしまったようで、少し後悔が残りました。。

まあ、そんな感じで、時間的な余裕は全くないままに、Sub2も終了しました。


今回受験してみて、確かに、Sub1・Sub2ともに難易度は上がったのではないかと感じました。

また、受験対策についての率直な反省としては、『公式テキスト』『公式問題集』をしっかりやりこむことが必要なのかな、なんて思いました。

今回は、プロアクティブの通信講座を受講しまして、商工会議所から出ている『公式テキスト』には一切触れずに試験を受験しました。

確かに、これまでの本試験問題であればかなり対応できていたように思っていましたが、コントローラーレベルを目指すのであれば、選択問題でも失点をそれないに抑える必要があり、「知識問題」対策を鑑みると、『公式テキスト』はしっかりと押さえておく必要があるように思いました。

この辺は、折角、ビジ法で学習した経験で『公式テキスト』『公式問題集』をベースにした対策でそれなりの成果が出たのを身をもって体験していたにも関わらず、それを活かすことができなかったのは悔やまれるとともに、今回の受験対策を振り返って、大きな反省点だと感じています。


まあ、明日から解答速報が出てくるので、そちらを元に自己採点をして、またフィードバックする予定でいます。

現在、わたくしが入手している情報では、月曜日に大原(Web)、火曜日にプロアクティブ(メルマガ)、水曜日にTAC(Web)といったスケジュールで、解答速報が公表されるようです。

成績表発送は8月26日とまだ先ですが、折角、これまで3ヶ月間学習してきましたので、あまり見たくない気持ちはあるものの、自分の出来具合をしっかりと速報ベースで把握しておこうと思います。


それでは、本日受験された皆様、本当にお疲れ様でした。


記事を読んで、このブログを応援していただける方はクリックを
お願いします。 ⇒ 人気ブログランキング

TREview
↑ 記事を読んで、「もっと頑張らないとダメだよ」と叱責してくれ
る(恐らく)多くの皆様、こちらへのクリックもお願いします。

最後に、評価ボタンを押して、ランキングチェックお願いします!
素晴らしい すごい とても良い 良い
posted by BATIC at 02:00| Comment(2) | 受験体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
わたしも受験しましたが、大原の記述でどーも納得できないところがあるんですけどどうでした??( ̄^ ̄)
Sub2です!
Posted by あつ at 2011年07月25日 23:02
あつさん

コメントありがとうございます。

診断士1次試験なんかでも、予備校の解答速報は間違っていることも多いですから、まずはプロアクティブやTACの解答速報とも見比べてみて、検討されるとよろしいのではないでしょうか。

個人的には、あまり試験後に問題を深く検討しない性質だったりするので、特に気にしていなかったりします。

試験実施機関からの正答が公表されないと、結局のところ速報ベースでは何とも言えないですしね。

というわけで、回答になっているかどうかわかりませんが、返答までです。

gamesman


Posted by gamesman at 2011年07月26日 01:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。