---------------------------------------------------------- ※本ブログの内容は、左カラムにある「本ブログのコンテンツ」にて
 分かれていますので、選択してご覧下さい。

※ご質問等ありましたら、下記のいずれかにお願いします。
  ・右カラムの「メッセージを送る」
  ・ブログ記事下の「Commment欄」
 お答えできる内容については、基本的に、ブログのエントリにて
 お答えいたします(即時返答は保証できないのでご了承下さい)。
----------------------------------------------------------

2011年09月07日

質問へのご回答−「Sub2問題の本試験時対応について」

頂戴したご質問にお答えいたします。


■ご質問:

@最後の問題から回答する手もありと聞いたことがあるのですが、それは効果的ですか?

A150分のうちどのくらいで解答、見直しをなさいましたか?時間配分についてアドバイスください。


■回答:

@わたくしの経験上は「効果的」だと思います。

第21回については、わたくしも最後の問題から解答しましたが、記述問題の難易度が低そうだと感じたら、頭がクリアなうちに、先に終えてしまったほうがよいように感じました。

結果的には、目標にしていたほど記述で点数が取れませんでしたが、それ以上に選択で時間がかかりつまづいていましたから、もし選択に取り組んだ後に記述だったら、時間内に終えられたかわからなかったです。

プロアクティブの建宮先生も、試験後のツイッターとかブログで、記述先行のほうが効果的でしたね、といったことを述べられていましたので、ご自身の解答方法の1つとして、試験までに試してみるのもよいのではないでしょうか。


Aわたくしの具体的な当日対応については、こちらのエントリをご覧下さい。

先日の質問回答エントリにも記載したとおり、Sub2は以下のとおりの出題構成となっていました。

選択問題 第1問〜第30問【AM】
       第31問〜第60問【CO】
記述問題 第61問・第62問【AM】
       第63問・第64問【CO】

個人的には、選択問題1問1.5分×60問=90分、記述問題1問15分×4問=60分、で合計150分を一応の目安にしていました。

ただ、過去問等を行っているうちに、選択問題で考える時間が必要な時もあり、もう少し選択問題の時間が欲しいと感じ始め、記述問題の解答時間を短くするように努めていった経緯でした。

この辺は、受験生の方の個人差があると思いますので、実際に問題演習の回数をこなす中で、本試験での柔軟な対応力につながるような時間配分方法をみつけていかれることがよいのではないかと思います。


以上になります。

BATICを学習される皆様の参考になれば幸いです。


記事を読んで、このブログを応援していただける方はクリックを
お願いします。 ⇒ 人気ブログランキング

TREview
↑ 記事を読んで、「もっと頑張らないとダメだよ」と叱責してくれ
る(恐らく)多くの皆様、こちらへのクリックもお願いします。

最後に、評価ボタンを押して、ランキングチェックお願いします!
素晴らしい すごい とても良い 良い
posted by BATIC at 23:59| Comment(0) | 質問へのご回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

質問へのご回答−「Sub2問題でのAMとCOの範囲について」

頂戴したご質問にお答えいたします。


■ご質問:実際の試験では何問までがML,何問からCLレベルと分かれているのでしょうか?それともすべてが無作為に出題されるのでしょうか?


■回答:問題用紙上に明記はされていませんが、内容的には分かれています。

わたくしが触れた第15回〜第21回のSub2試験では、以下のとおりの出題構成となっていました。

選択問題 第1問〜第30問【AM】
       第31問〜第60問【CO】
記述問題 第61問・第62問【AM】
       第63問・第64問【CO】

配点上でも、AM範囲で300点、CO範囲で300点でした。


■補足:

本試験では、選択・記述共に、IFRSの問題も上記のAM範囲・CO範囲で分かれて出題されています。

つまり、第30問とその前の数問がAM範囲でのIFRS問題だったり、記述でも第63問や第64問で出題されるIFRS問題はCO範囲のものだったりします。

そうしたことを考慮して学習する場合には、『上級英文会計』や『パーフェクト問題集』ではIFRS論点が最後にありますが、AM範囲を学習し終えた際にAM範囲のIFRS論点を学習して、CO範囲を学習し終えた際にCO範囲のIFRS論点を学習するようにして、USGAAPとの差異を把握していったほうがよいかもしれません。
(ちなみに、わたくしが学習したプロアクティブの通信講座のカリキュラムでは、AM範囲が終了した時点で、先にIFRS論点のインプットが先に組み込まれていました)


以上になります。

BATICを学習される皆様の参考になれば幸いです。


記事を読んで、このブログを応援していただける方はクリックを
お願いします。 ⇒ 人気ブログランキング

TREview
↑ 記事を読んで、「もっと頑張らないとダメだよ」と叱責してくれ
る(恐らく)多くの皆様、こちらへのクリックもお願いします。

最後に、評価ボタンを押して、ランキングチェックお願いします!
素晴らしい すごい とても良い 良い
posted by BATIC at 19:47| Comment(2) | 質問へのご回答 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。